ぼちぼち行こうよ


好きな人:藤原新也、安藤忠雄/好きなこと:写真撮ること、海と空を見ながらぼけーっとすること/『ぼちぼち生活』を提案します
by cosicosi3
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
エキブロ以外のリンク
検索
カテゴリ
最新のトラックバック
桜の名所巡り
from デジカメ写真日記 ~PHOT..
田舎暮らしの適正
from 田舎暮らし@スローライフ情報局
署名的コメント&TB集
from 旧阪急梅田駅コンコースを残し..
iTunes Origi..
from にぶろぐ
バトンをもらって
from とりあえず、ぼちぼちと
Let's Dance!
from A Perfect World
おすすめドラマ
from 逃げ水を追う
カステラ一番は何?
from にぶ刊! ぶろぐ's Way
言葉って重いです
from A Perfect World
一周年なんだそうです
from A Perfect World
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


美味しい贈り物

a0012904_1202865.jpg

京都に住む友人より、こんな美味しいものが届きました。

これは「花びらもち」と言って
お正月の時だけに作られるお目出度いお菓子なのです。
宮中でお正月に食べる「菱はなびら」を模したもので
今では初釜に欠かせないお菓子だそうだ。

柔らかく白いもちで、味噌餡、甘く炊いた牛蒡を挟んでいる。
この牛蒡がとろける程に柔らかくてビックリ。
上品な甘みの味噌餡ともマッチしてベリー・グッドな味わい。

雅びなひとときを過ごさせてもらいました。
美味しかった〜〜〜
[PR]

by cosicosi3 | 2006-01-30 12:01 | お気に入り

興信所

忙しい時に限って、どうでもいい電話がかかってくる。
「電話料金がお安くなります」だとか
「融資のご案内です」とか。

最近では頼んでもいないのに、利率一覧や返済例が
ファックスされてくる。紙の無駄だ。止めてくれ。

そして今日、変な電話がかかってきた。
「○○リサーチという興信所です。
御社のお取り引き先よりご依頼がありまして、調査したいのですが
社長はいらっしゃいますか」という内容。

どうも怪しい匂いがする。
普通、興信所というのは、調べてることを悟られないように
調査するものではないだろうか。
それに、取引先からの依頼なら社長の名前も知っているはず。
本当に社長に直々に話がしたいのなら、
「○○社長はいらっしゃいますか」と名指しすればいい。
とても不可解な電話だ。

こんなことに煩わされる時間が勿体無いので
電話器を変えようかという話しになった。
少し高額かもしれないが、ナンバーディスプレー付で
ファックスの内容を画面で確認して必要な物だけを印刷できる機能がいい。

事務所の電話番号、どっかに洩れてるのかな・・・
イヤな気分だ。
[PR]

by cosicosi3 | 2006-01-23 15:38 | 仕事

もえ〜先生

今日も例の「もえ〜」先生がやって来た。
少しずつ声に覇気が出て来たような気がする。
時折笑いを交えて話してくれるようになった。
慣れてきたのかな。

けど、相変わらず髪の毛はもしゃもしゃで猫背ぎみ。
腰が低い、いい人なのかもしれないが、
帰っていく後ろ姿を見てると
「しゃきっと背中伸ばして〜」と言いたくなる。
[PR]

by cosicosi3 | 2006-01-18 18:23 | つぶやき

もえ〜

今年最初の新しいお客さんは、アキバ系である。
風貌がアキバ系。

色白でぽっちゃりした顔を覆い隠すような中途半端な長髪。
伏し目がちな目には眼鏡。
遠慮がちな物言いながら、注文は細かくこだわる。
どことな〜く覇気がない。

で、この人の職業はというと「歯医者」

ん〜どっから見ても清潔感が感じられないんですけど。
一応医者なんだし、髪の毛はもうちょっと短くした方がいいんでないの?

今年も変なお客さんが来そうな気配である。
[PR]

by cosicosi3 | 2006-01-17 10:44 | 仕事

ふとした言葉

事務機販売会社のK君は入社2年目の若い営業マンだ。
おっとり型のK君には、出来る男というイメージはない。
しかし、純真でひた向きな態度が私は好きだった。
彼の姿に、働き始めた頃の自分を重ねては初心に返るのであった。

仕事納めの日、K君が年末の挨拶に来てくれた。
「今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします」と
互いに言葉を交わす。

そんな挨拶の最後にK君はこう言った。
「来年って言っても、来週なんですけどね」

なんか寂しいぞ、そんな言葉。
そりゃそうですよ、1週間もしたら年始の挨拶ですよ。
けどね、こういう節目の挨拶は大切だと思うわけ。
そんな冷めた事、思ってても言ってほしくないな。

昨年の夏は成績が良かったと言っていた彼。
そんな自信がこんな言葉を生んだとしたら、ちょっと残念だ。
ふとした時に人の本性というのは表れるものである。
気を付けないといけませんな。
[PR]

by cosicosi3 | 2006-01-10 16:24 | つぶやき

過去の人

海外に住む友達は、毎年Eカードで年始の挨拶をくれる。
こちらもメールで去年の出来事を簡単に伝えた。
そして返事が返ってきた。

「・・・そういえば、○○先輩から10年振りくらいに返事がきてさ。
今、転勤になってヨーロッパにいるんだって。
○○ちゃん(私のこと)に特に会いたいって言ってたよ(笑)
で、○○ちゃんのブログ(事務所のブログは友達にもオープンにしている)の
アドレス教えといたんだけど、よかった?」

って、アンタ。教えてから「よかった?」はないでしょう(涙)

教えるなよーー
私は会いたくもないしーー
会いたがってたよの後の「笑」は何なんだよーー

どうしてここまで狼狽えるのかというと、
以前にその○○先輩とつき合ったことがあるからだ。
あまりに昔の出来事で、どれくらいの期間つき合ったのか
どうやって別れたのかさえ覚えてない。
学生時代の友達と会っても彼のことは思い出したこともない。
とにかく、私の記憶から消えてた存在。
それが突然出現するんだもん。どうしたらいいのやら。

一概には言えないかもしれないけど、
女は別れたら過去の人のことは忘れる。
だから、彼がいまどうしてるかとか、会いたいなんて気持は皆無。
一方、男はいつまでも覚えてるようだ。

コメント入れられるのもイヤだけど、
無言で日常を読まれるのもイヤだなぁ。
ちょっと気が重い。
[PR]

by cosicosi3 | 2006-01-06 14:14 | つぶやき

今年もよろしく

明けましておめでとうございます。
お正月はのんびりされましたか?

昨年は、親しい人達の転機の年でした。
結婚が決った人、赤ちゃんができた人、家を建てた人・・・
私にはな〜んもなかったけど。
しかし、物は考えようである。
きっと「みんな幸せになってほしいな」という私の愛が分散されたんだね。
うん、美しい。

知り合いで不幸になった人がいないのできっとそうだ。
(まぁ、何がきっかけで不幸になるかは分からんけどね)

人に愛を分けるのは楽しい。
幸せな顔を見ているとこちらも嬉しくなる。
しかーし、いい加減、誰か私にも愛をくれ。
ほれ、ほれ、早く!

ん? そういえば、去年は車を乗り換えて毎日ルンルンドライブしてるんだった!
自分のことは忘れちゃいますね・・・

今年もよろしくお願いします。
[PR]

by cosicosi3 | 2006-01-05 13:16 | つぶやき