ぼちぼち行こうよ


好きな人:藤原新也、安藤忠雄/好きなこと:写真撮ること、海と空を見ながらぼけーっとすること/『ぼちぼち生活』を提案します
by cosicosi3
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フォロー中のブログ
エキブロ以外のリンク
検索
カテゴリ
最新のトラックバック
桜の名所巡り
from デジカメ写真日記 ~PHOT..
田舎暮らしの適正
from 田舎暮らし@スローライフ情報局
署名的コメント&TB集
from 旧阪急梅田駅コンコースを残し..
iTunes Origi..
from にぶろぐ
バトンをもらって
from とりあえず、ぼちぼちと
Let's Dance!
from A Perfect World
おすすめドラマ
from 逃げ水を追う
カステラ一番は何?
from にぶ刊! ぶろぐ's Way
言葉って重いです
from A Perfect World
一周年なんだそうです
from A Perfect World
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:シャシン( 8 )


ついに

今週は特選メニューがあったりで忙しくて
ろくにアップもできませんでした。

この焼肉屋さんに関しては、まだ見積もり段階で
レイアウトサンプルと見積もり金額で
依頼を受けるかどうかが決ります。

一応、デザインはとても喜んでもらえました。
「これや、これや、これやがな〜」って感じで。

この仕事が本決まりになれば、写真撮影もしなければなりません。
まだ決ったわけじゃないけど、買っちゃった〜

ついに、
デジタル一眼レフを。

操作に早く慣れて、特選牛の撮影をしたいものです。
撮影後に食べさせてもらえるのかな〜と淡い期待をしたりして。
[PR]

by cosicosi3 | 2005-05-27 18:50 | シャシン

モノクロームの世界へ

モノクロの日々
nige_mizuさんのブログにトラバです。

私は知らなかったのですが、内田ユキオさんという写真家の紹介をされています。
内田さんのHPを見ましたが、とても素敵な写真です。
全てモノクロで、カラーにはない空気感を感じます。

4月に入って、あちこちのブログで桜の写真を目にしました。
私が住む町も桜の名所というところがありますが、
なぜか撮れないのです。
綺麗な枝を見つけて、ファインダーを覗いても心が浮き立たない。
そんな気持で撮ったところで、納得のいく写真は当然撮れない。

花粉症でしんどいからかなぁと思ってたけど、そうでもないみたい。
内田さんの写真を見て、とても撮りたい気持になりました。
写真を撮るという神経が眠っていたのかも。
モノクロームの世界へ旅したくなりました。
[PR]

by cosicosi3 | 2005-04-13 18:07 | シャシン

cosiやんの写真帖

元々このブログは写真&コメントで構成するつもりでした。
最初のブログ名は「Foto Diary」だったし。

ところがいろいろとコメントなどを頂くにつれ
文章を書くことが楽しく、日常の愚痴をこぼすことで
ストレス解消の場となっていきました。

ということで、別にブログを設け
写真はそちらにアップすることにしました。
今まで撮った写真を整理する目的もあります。
これまでに掲載した写真も未掲載のものも全て
別ブログにぼちぼちとまとめるつもりです。

右欄のエキサイトブログにもありますが
「cosiやんの写真帖」がそれです。
お時間のある時に遊びにきてやってくださいまし。

今までリンクをはらせてもらってる皆さん、写真帖からリンクさせてもらいました。
今後、新しいIDでコメントしてしまうかもしれません。
「cosicosi33」となっていたら私です。
面倒臭いんで、後ろに「3」を追加しただけです。
[PR]

by cosicosi3 | 2005-02-25 14:51 | シャシン

カメラ カメラ カメラ

昨日のデジカメ一眼レフに頂いた皆さんのコメントに返事をしていたら
更に欲しくなってきてしまったではないか!

デジタル一眼レフを買うのに躊躇しているのは、価格もさることながら
今あるカメラ、特にEOS kissと疎遠になってしまうんでないかという不安が過るから。
どうも私は持ち物に対して、単なる物ではなく、生き物に近い感覚を持っている。
このkiss君には写真の面白さを教えてもらい、一緒に色んな所に出かけた。
仕事でも大活躍のお友達なんである。
だから、デジタルkissを買うとご機嫌が悪くなるんじゃないかと本気で考えてしまう。

それに、今持っているだけで4台ものカメラが周りにある。
EOS kiss、LOMO、CONTAX TVS、CASIO EXILIM。
殆どカメラ小僧やん、と自分でも思う。
それぞれに特徴があって、どのカメラも好き。
コンタ君とはも一つ相性が良くないが、これは私の技術的な問題だろう。

13万もするカメラ買って、使わなかった時のことを思うとブルーになるし。
でもなぁ〜 あると便利だしな〜 あ〜悩むなぁ

結局、結論は出ないのである。
[PR]

by cosicosi3 | 2004-11-16 12:21 | シャシン

私、嘘ついていました

a0012904_182839.jpg
すみません。私、嘘ついていました。
CONTAX T2を持っていると言っていましたが、間違いでした。
CONTAX T VS(写真)でございました。

T2といえば、レンズ交換もできる優れものでしたね。
お値段ももっとお高かったはず。
ファインダーが覗きにくいってこともなく、
暗い所でもちゃんとシャッターおちるはずです。

なんか引っ掛かるものがココロの片隅あったのですが、
コレだったようです。すっきり。
失礼しましたー!!
[PR]

by cosicosi3 | 2004-07-06 18:28 | シャシン

モノクロームの世界

ブログ内でも紹介していますが、モノクロの写真が好きです。
ここを訪れてくれるブロガーの皆さんにも好評(と思っている)のようで、嬉しいです。

モノクロ写真には、どこか懐かしさ、物悲しさ、静寂さを感じます。
色がない分、押し付けがましさがなく、過去に見た風景と重ね合わせやすいのかもしれません。それが懐かしさにつながるのかも。

色がないと言いましたが、私は色を感じることができます。
どんな色の空だろう、どんな色の花だろうと、様々な想像を巡らします。
同じモノクロ写真でも、見る人によって頭の中に描かれている色合いは違うでしょう。
それが楽しいと思うのです。

カラーフィルムに焼きつけられた色は、決して実際に目にした色とは違います。
焼き増しした時にも、色は変わります。
瞼に焼きつけられた色こそが、その人が見た色、感じた色です。
その色を思い起こさせてくれるのが、モノクロ写真かな、と思います。

モノクロームの世界をもっと旅してみたいです。
[PR]

by cosicosi3 | 2004-06-08 15:28 | シャシン

写真を撮るということ

いつもカメラを持ち歩いています。
今日は撮ろうと思って出掛けても、なかなかいい場面には巡り合えません。
普段の何気ない瞬間にこそ発見があります。

美しいもの、楽しいもの、不思議なもの、少しでも心を動かされたものにカメラを向けてみます。
不要なものをファインダーの枠外へ追いやり、被写体だけを見つめる。
より見やすい角度を探して移動する。
すると、不思議と心を動かされた理由が分かります。
その瞬間が楽しいです。
出来上がった写真よりも、むしろファインダーを覗いている瞬間こそが私にとっては大切です。

いかに撮る瞬間が楽しくても、あがった写真が今一つということは多々あります。
私は写真家ではないし、専門の教育を受けたわけでもありません。
いい写真ってどうやったら撮れるのか、いい写真ってどんな写真なのか、悩んだことがあります。
お気に入りの写真サイトの管理者に「いい写真とは?」と質問しました。
その人は有名な写真学校を卒業し、カメラマンとして活躍した人です。
彼は「撮ることが楽しいというのが伝わる写真がいい写真です。技術的に優れた写真より、感じる写真が素晴しい」と答えてくれました。
素敵な言葉をくれました。嬉しかったです。
それからは心のまま、シャッターを切ります。

私は藤原新也という写真家が好きです。
なぜなら彼の作品には、風の音や街の匂い、花の香り、空気の感触を感じるからです。
そして、彼の一枚の写真に救われたから。
写真には人生を変えるほどの力があるのです。
この話は長くなるので、次の機会にでも。

私の写真から少しでも何かを感じ取ってもらえたならば、とても嬉しいです。
[PR]

by cosicosi3 | 2004-05-21 17:44 | シャシン

カメラ

a0012904_164028.jpg
私のお気に入りカメラを紹介します。

右は10年来のおつき合いをしているCanon EOS-Kiss。
シャッター音はNikonが好きだけど、値段的、重量的、技術的に私にはこの機種がお似合いかと思って購入しました。
ビギナー用一眼レフではありますが、なかなか良いです。
ささやかなこだわりは、“50mm 1:1.4”というレンズを別購入して使っています。
これくらい明るいレンズだと、室内や夜景もノーフラッシュでもそれなりに写ります。
多少の手ぶれはありますが、それはそれで面白いと思います。
5/7のシャシン「川のほとり」もこのレンズだったはず。

左はロシア製のLOMOというカメラ。
ちょっとマニアックな代物です。
ロシア製だけあって、ピントは合いません。
被写体がボケルのは当たり前。
四隅のトーンが黒っぽくなります。
そんなことでごちゃごちゃ言ってはいけません。
それを楽しいと思えなければ使えません。
いつも期待を裏切ってくれるユーモラスなカメラです。
しかし、レンズは1:2.8で、室内でもまぁまぁです。

とにかくフラッシュが嫌いないので、
明るいレンズが好きってことですね。

でも、いつかはライカも仲間入りさせてみたい、と思っているのです。
[PR]

by cosicosi3 | 2004-05-12 16:40 | シャシン